遺品整理師という仕事

披露宴に出席する時の服装マナー

披露宴に招待されると、一番に考えるのは、何を着て行くかではないでしょうか。



新郎新婦への祝福の気持ちを込めて、また、披露宴に花を添えるためにも、その場に相応しい服装をしていきたいところです。



しかし、その気持ちが空回りしてか、時には新郎新婦よりも目立った、場違いな服装をしている人も見かけます。



そのような過ちを犯さないためにも、披露宴ファッションのマナーをおさらいしておきましょう。

女性の服装においては、ウェディングドレスの白色とかぶらないために、白色やベージュの洋服は避けるという、基本中の基本のマナーがあります。
また、お葬式を連想させる黒色も、避けたほうが良いでしょう。



過剰な肌の露出をしたミニスカートや、悪目立ちしてしまうスパンコール素材、ファー素材やカジュアルな洋服もマナー違反となります。

靴は、オープントゥではなく、つま先の覆われたパンプスやハイヒールを履くのが常識です。



ブーツやミュール、サンダルなどは、マナー違反なので履かないようにしましょう。



男性の服装においては、ビジネススーツではなく、礼服で出席するほうが誠意を見せられます。

また、新郎より目立つカラーのスーツや、皮ジャン、カジュアルな洋服もマナー違反です。靴はスニーカーは厳禁で、スタイリッシュな革靴を履くのが理に適っています。

あくまでも、主役は新郎新婦なので、不快な気持ちにさせないように、節度を持った態度と服装で出席するようにしましょう。

    関連リンク

    • 最近の結婚披露宴事情

      最近の披露宴は昔とは形が異なるようになってきました。昔は新郎新婦の脇に仲人が座っていたものです。...

      detail
    • 披露宴会場選びについて

      結婚式を挙げることが決まったらまず、会場探しからはじめなくてはなりません。どのような会場にするかは、結婚式のイメージや費用、招待するゲストの人数などを考慮しながら決めていくのが良いでしょう。...

      detail